花婿の衣装

新郎新婦と傘

多くの女性が憧れる物の1つにウェディングドレスがありますし、結婚式では、挙式でも披露宴でもドレスを着る方は多い居ます。そうなると、相手となる男性はタキシードです。 結婚式の主役は花嫁ですが、かと言って男性のタキシードを疎かにしてしまうと、二人のバランスが崩れてしまい、花嫁の美しさまで損なわれてしまいます。しかも、結婚式からそのような調子だと、今後の結婚生活にも不安が過ぎり、周りは心配してしまいます。ですので、ドレスと比べると種類は少ないですが、二人で並んだ時の印象まで計算して、タキシードもしっかりと選ぶ必要があります。服装選びに関しては、無頓着だったり、苦手意識が強い男性も多いので、そのような時は、花嫁となられる方の気遣いが試されます。

日本人男性がタキシードを着る機会は、結婚式ぐらいしか無いかもしれません。あまり服装に興味がない男性だと、着慣れない物を切ると、見るからに着心地が悪くなってしまったり、必要以上に緊張してしまうかもしれません。 結婚式を控え、女性はドレス選びなどを楽しめますが、男性は楽しめない方も多く、その温度差の違いから悪い雰囲気になってしまう場合もあります。折角の結婚式を楽しく迎え、今後の結婚生活を円滑に進めるためには、タキシードを着る事を照れ臭がっている男性の緊張を、花嫁となる女性が解してあければ良いのです。少し褒めて、自分も同様に緊張している事を伝えれば、すれ違っていた二人の距離が理想的な物になるので、試してみてください。